健康診断を受診できるテンプスタッフ

人材派遣会社として知られるテンプスタッフ。人材派遣というと、どうしても福利厚生などの点で充実していないような気がしてしまいますが、テンプスタッフでは健康診断を受診することができます。ただし、健康診断の受診には条件が設定されています。まず社会保険に加入していること。さらには定められた期間(約半年)のうち4分の3以上の勤務(約90日間)以上の勤務があったこと、また一週間の所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上(週に30時間)の雇用契約があり、なおかつ健康診断受診日に雇用契約があることが条件となります。

 

こうなると申告が難しいように思うかもしれませんが、労働日数・時間の規定を満たしている該当者には案内ハガキが届きますので安心です。尚テンプスタッフから健康診断の案内ハガキが届いた場合、自分で都合のよい日時を選んで、指定された病院のなかから行きやすいところを選んで予約・受診することになります。

 

テンプスタッフでの健康診断の実施は、基本的に5月〜8月の期間中に受ける必要があります。ただし特定業務従事者に対しては年に2回実施しています。またこの他にも35歳以上の人が案内ハガキの到着後に人材保険組合が指定する「生活習慣病健診」「生活習慣病総合健診」「人間ドック(40歳以上)」を個人で申し込み、その受診結果をテンプスタッフに提出するという振替受診という制度もあります。これを利用するとより多くの検査項目を受診することができ、補助金を受け取ることもできます。

 

こちらの受診にもテンプスタッフが定める条件がありますが、上手く活用すると健康管理のためにとても役立ちます。こういった制度があることがテンプスタッフが指示される理由の一つになっているのではないでしょうか。

テンプスタッフ


このページの先頭へ戻る