テンプスタッフで働くということ。雇用形態の違いについて

テンプスタッフは1970年代から派遣スタッフを企業に派遣して活躍している企業です。テンプスタッフの派遣社員と通常雇用との違いは、企業に直接雇われているかどうかです。通常雇用では、企業の入社試験と面接を受けて内定を貰って入社するというのが一般的です。

 

正社員の場合は、出世次第で企業の機密情報・機密事項を扱える部署・役職で働くことが可能ですが、派遣社員の場合は外部からの助っ人であるので、現場の仕事を中心に行うことになります。

 

派遣会社のメリットは、決められた時間で働くことができ、基本的には残業が無いということです。テンプスタッフの場合は、一般事務経験者で結婚・出産をして子育てが一段落した人々が利用すると便利なシステムであり、女性にとってはテンプスタッフに登録して派遣社員として働くことで、社会復帰の足掛かりにすることが出来ます。

 

テンプスタッフでは派遣社員という雇用形態以外にも、紹介予定派遣・業務スタッフという働き方があります。紹介予定派遣は、派遣先企業で派遣期間が終了した時点で、派遣先企業が直接雇用を行うかどうかを決める正社員登用の道が用意されている働き方のことです。

 

確実に正社員になれるわけではありませんが、個人のスキルを上げる手段として考えると魅力的なシステムであると言えます。業務スタッフは、テンプスタッフが他企業から請け負った仕事をテンプスタッフの社員の指示の下、業務を進めていくシステムです。

 

社会復帰を目指す女性にとっては働きやすい仕組みと言え、上手に使えば派遣社員などとして他の企業で働く切っ掛けに使うことが出来ます。派遣と通常雇用との違いを理解し、それぞれのメリット・デメリットに応じて働き方を選択すれば、働きやすい労働環境を構築することが可能になります。

テンプスタッフ


このページの先頭へ戻る