テンプスタッフの離職票の取り扱いについて

会社を退職すると、離職票と呼ばれる証明書を受け取ります。この証明書は、雇用が行われていないことを証明する書類で、次の仕事を行う時にも関与しますし、失業手当を受ける場合にも必要となる、大切な証明書類なのです。

 

一般的には、会社の事業主が会社を退職することで、被保険者でなくなりますので、資格喪失日の翌日から起算を行い、10日以内に資格喪失届と言う、雇用保険被保険者資格喪失届を、会社が所轄とされるハローワークに対して提出することが義務付けられています。

 

また、被保険者が離職を行って、基本手当を受ける場合は、雇用保険被保険者離職票をハローワークに提出する必要が有ります。この雇用保険被保険者離職票と言うのは、会社の事業主が作成をした書類に基づいて、ハローワークの長が離職者に対して交付を行うものとなりますので、最初に事業主が被保険者となったことをハローワークに対して資格喪失届を出さなくてはならないのです。

 

因みに、派遣会社の場合、次に紹介出来る仕事が無いと言う事を証明するため、離職票の発行を遅らせることがあると言います。しかしながら、多くの仕事を持つ派遣会社などの場合ですと、仕事を紹介できる可能性は高くなるため、離職をせずに、同じ派遣会社の中で働けると言うメリットが有ります。

 

テンプスタッフと言う派遣会社は知名度も高い会社ですが、テンプスタッフには有名企業や大手企業からの信頼も厚く、仕事の量は多くありますので、離職をすると言うケースは少ないとも言えます。派遣の仕事は、一定の契約期間で区切られていきますが、テンプスタッフの場合は、その契約期間が近づくことで、次の職場の紹介も行ってくれますので、同じ派遣会社で働きたいと考えている人には魅力的な派遣会社と言えるのです。

 

尚、テンプスタッフの派遣スタッフになることで、キャリアアップを目指すことも出来ると言いますが、これはテンプスタッフにはスキルアップ支援があり、テンプスタッフの派遣スタッフとして働いている人などがその支援を受けることが出来ると言うメリットがあるのです。

テンプスタッフ


このページの先頭へ戻る