テンプスタッフの年末調整と源泉徴収票はどう処理される?

テンプスタッフには充実した福利厚生が整っていると言われていますが、テンプスタッフが人気の秘密と言うのは、一人一人のキャリアプランを作成して、その人の希望に沿った形で、仕事が紹介されるという事にあります。一人一人の話をしっかりと聞いて、見合った仕事を紹介してくれることからも、多くの人がテンプスタッフに登録を行っているのです。

 

テンプスタッフで働くことで、社会保険に加入することが可能になります。健康保険、厚生年金保険、そして雇用保険などは、一定期間の雇用が行われることで加入することが出来ます。また、年末には年末調整を行ってくれますので、所得税の一部を取り戻すことも出来ます。

 

これは一般的なサラリーマンなどと同じように、テンプスタッフが年末調整を行ってくれますので、源泉徴収票を受け取ることで確定申告を自ら行う必要がなくなります。

 

テンプスタッフで年末調整を受けるためには、その年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を提出していることで年末調整を受けることが可能になります。それと、その年の12月にテンプスタッフのグループ各社から給与の支払いを受けていることが条件になります。

 

尚、テンプスタッフにはいくつかのグループ会社があり、これらを総称してテンプスタッフと呼ばれているのです。

 

尚、その年の中で途中から派遣社員として雇用されている場合、他の事業所から受け取った源泉徴収票を提出する必要が有ります。これについては、事前に受け取っているケースが有りますが、万が一手元にない場合は、前に働いていた会社に問合せをして、取り寄せなければなりません。

 

これは、年末調整と言うものが、1年間の所得で税金の計算を行うからなのです。

テンプスタッフ


このページの先頭へ戻る