女性の転職事情について

テンプスタッフ

女性には男性と比較すると人生の分岐点が多いようです。結婚や出産、家事や育児や介護などの都合がありますので就職や転職のタイミングの決定が難しくなります。仕事を優先すると結婚や出産を諦めなければならないこともありますし、一方で家事や育児を優先して自分のキャリアを諦めてしまう人などもいるようです。また子供がある程度の年齢になったことで再就職を希望しても結婚などにより一度仕事を離れてしまうとブランクができ...
営業職といえば以前は男性中心の職種だったのですが、最近では女性に対する需要が高まっていて女性営業職を募集する企業の数も増えています。2013年度においては女性営業職の求人数は前年度比120%に増加していますので、営業職は転職を希望する女性にとっては狙い目の職種になります。特に購入の主導権や発言権を主婦が持っている商材に関する営業では女性が有利になりますし、家や自動車、また教育関係や保険関係などを販...
英語力を必要とする求人は今後も増加傾向にあるようです。英語力があれば再就職などを有利にすすめることができるでしょう。経済のグローバル化に伴って英語力の高い女性の求人も増加しているようです。2013年度には来日する外国人観光者やビジネスマンなどの累計が1000万人を突破しました。また一時的な滞在だけでなく日本に定住して働くという外国人の数も増えているのです。今後2020年に予定されている東京オリンピ...
女性を限定とした求人については男女雇用機会均等法では原則として禁止となっているのですが、一部の職種については適用除外となっています。事業主に対して労働者の募集や採用で男女の差別を行うことを禁じているのが男女雇用機会均等法の原則です。そのため男性もしくは女性に限った求人の募集や採用などは認められないのですが、業務を行う上でいずれかの性別であることに必要性が認められる職種については適用外であり法律違反...
転職サイトを活用することで女性の可能性は広がります。女性の場合には男性以上に転職などを考える機会が多いようです。結婚などにより仕事を退職した場合には出産の後や一定期間子育てに専念した後などに再び仕事を始めることになりますが、子供がいる主婦が働くことについては様々な制限が伴うのです。働ける日数や時間などが限られる場合もありますし、子供が病気や怪我などをした場合には仕事を休まなければならないかもしれま...
できれば安定した正社員の立場で仕事をしたいと考える主婦の人が増えています。最近は各企業で派遣社員やパートやアルバイトなどの福利厚生に力を入れているのですが、ボーナスや昇給や退職金などについてはやはり正社員とでは大きな違いがあるようです。特に派遣社員として働く場合には実際の仕事内容は正社員と変わらないこともありますので、できれば安定した立場の正社員として働きたいと考える人が多いようです。ただし正社員...
女性の場合には結婚・妊娠・出産・子育て・家事などの様々な事情を考慮しながら転職を考えることになります。出産休暇や育児休暇を男性にも認めるという企業などもあるようですが、やはり子育てについては女性の仕事という考え方が一般的になっています。各企業でも女性の子育て支援制度などに力を入れているのですが、まだまだ対応は不十分であることも多いようです。一方で女性に対する求人の数は確実に増えているようです。女性...
転職を成功させるためには40代ならではのスキルや経験を活用しましょう。年齢制限が気になるからと転職に踏み切れない40代の女性が多いようです。求人では年齢不問とされていることが多いのですが、実際に採用された人を確認してみると40代は採用の上限であるようですし、特に未経験者の場合は30代後半からは採用は難しくなるようです。職種や業種などによっても実際には異なるのですが、多くの職場の平均年齢は30代です...
転職においては30代が分岐点となります。これまでは「35歳転職限界説」と呼ばれる転職が可能な年齢の限界を35歳までとする考え方が根強かったのですが、最近では35歳以上で転職に成功する人の数が増加しているのです。これについては人口全般の高齢化が大きく影響しています。さらに介護業界など人手不足で30代以上であっても積極的に採用する企業が増えていることや、政府が女性の活用についてバックアップを行っている...
20代の女性には様々な求人がありますので転職についても様々な可能性が期待できます。企業の多くはできるだけ若い人を積極的に採用したいと考えています。若い人の場合には経験は少なくてもやる気があれば採用後の教育や研修などで十分に育てることが可能だと判断しているのです。入社後の教育研修制度や資格取得の補助などに力を入れている企業が多いですから、転職先を選ぶ際には給料だけでなく福利厚生を含めた待遇などについ...
最近は事務職で働くことを希望する女性が多いのですが、一部には事務職については営業職よりも楽だと安易に考えている人などもいるようです。事務職については「ルーティーンワーク」「定時で帰宅できる」「デスクワークなので楽」といった印象を持っている人もいますし、営業職でノルマなどに疲れ果ててしまったという人には事務職が羨ましく見えるのかもしれません。しかし実際に事務職に転職することは思った以上に大変なのです...
女性の場合には子育てや介護などを行っているため働きたくても外に働きに出ることが難しいという人なども多いようです。特に家族の介護を自宅で行う人の数は今後も増加することが見込まれていますので、そのような人には在宅で働く「在宅ワーク」をおすすめしたいと思います。在宅ワークというと昔の内職などのイメージが強いようなのですが、最近ではインターネットが発達したことにより様々な在宅ワークが可能になっているのです...
小さな子供がいるという女性の場合には時短を有効に活用してみてください。子供が小さかったりすると出産後に職場に復帰しても保育園の送り迎えなどがあるため、以前と同じようにフルタイムで働くことは難しい場合なども多いようです。そんな子育て主婦の人には時短で働くことを検討してみましょう。フルタイムよりも短い時間で働く制度が「短時間勤務制度」であり、略して時短と呼ばれています。一般的な労働条件が8時間勤務であ...
これまでの女性の場合には結婚により「寿退社」をして専業主婦になることや、主婦として働く場合でも夫の配偶者控除が利用できるようにパートなどを選ぶことなどが一般的でした。しかし最近では結婚や出産などをしても以前と同じように仕事をしたいという女性の割合が増えています。これについては不況により世帯あたりの収入が減少しつつあることや平均寿命が延びていることなどが影響しているようです。キャリアアップを目指して...
小さな子供がいる母親が働くためには子供が保育園に入れるかどうかが重要です。保育園に入ることができないという場合にはベビーシッターなどを頼まなければなりませんので費用もかかりますし、また保育園に入れたとしても送り迎えや病気やケガなどの対応など問題は山積みです。さらに子供と遊ぶ時間などを確保しようとすると時間との戦いになりますので、いくら時間があっても足りないということになってしまいます。「できるだけ...

このページの先頭へ戻る