原則として男性または女性に限った求人や採用は禁止されています

女性を限定とした求人については男女雇用機会均等法では原則として禁止となっているのですが、一部の職種については適用除外となっています。事業主に対して労働者の募集や採用で男女の差別を行うことを禁じているのが男女雇用機会均等法の原則です。そのため男性もしくは女性に限った求人の募集や採用などは認められないのですが、業務を行う上でいずれかの性別であることに必要性が認められる職種については適用外であり法律違反にはならないのです。

 

たとえば芸術や芸能の分野など表現にリアリティを持たせる必要性がある俳優やモデルなどは男女のいずれかに限って募集や採用などを行うことができますし、また守衛や警備員のような男性でなければ危険な職種や、巫女や女子更衣室の監視係などのような女性であることが必要な職種などについても同様です。さらにスポーツ競技や宗教上の理由や労働基準法の規定や海外における文化の違いなどを理由とした場合などにも男女のいずれかに限った募集や採用などが認められることになります。

 

これら以外の求人では男女の違いを理由として募集を制限することは原則として認められていません。ただし同じように採用されたからといって実際に女性が男性とまったく同じように働けるというわけではないのです。女性の場合には仕事のスキル以前に結婚や出産や育児などといった問題がありますので、キャリアプランの途中で一時的な休職が必要になることも多いのです。一度ブランクができてしまうと復職が難しい場合もありますし、実際には結婚を理由として退職したり、出産や育児の後に以前とは異なる就職先を探する場合などが多くなってしまうのです。

 

このような女性ならではの事情については企業サイドでも認識していますので、最近は女性向けに様々な働き方を提案する企業が増えているのです。また結婚や出産などで仕事をやめてしまった女性のために、再就職の情報を集めた女性向けの転職サイトや転職情報サイトなども増えています。「女性向きの仕事」「女性のための仕事探し」「キャリアや資格を持たない女性向けの求人」などのキーワードで検索すれば様々なサイトを見つけることができるでしょう。

 

女性向けの転職サイトでは女性が働くことをサポートする「女性管理職登用あり」「女性割合50%以上」「主婦やママ大歓迎」などの様々な求人を探すことができますし、現役のワーキングマザーの体験談なども記載されていますので仕事探しの参考になるはずです。女性の採用実績などをチェックしながら求人を探すこともできますので、女性向けの転職サイトに登録して自分の希望にぴったりの求人を探してみてください。

テンプスタッフ


このページの先頭へ戻る