女性の事務職への転職では経験や資格などが要求されます

最近は事務職で働くことを希望する女性が多いのですが、一部には事務職については営業職よりも楽だと安易に考えている人などもいるようです。事務職については「ルーティーンワーク」「定時で帰宅できる」「デスクワークなので楽」といった印象を持っている人もいますし、営業職でノルマなどに疲れ果ててしまったという人には事務職が羨ましく見えるのかもしれません。

 

しかし実際に事務職に転職することは思った以上に大変なのです。事務職は人気が高く転職希望者も多いですから競争率も非常に高くなっています。初めての就職で事務職を希望する新卒者なども多いですし、また事務職の経験がある主婦などの再就職希望者の数も多いのです。さらに事務職の希望者には簿記などの有資格者の数が多いため、実際の採用では経験が豊富なベテランや有資格者が優先されることが一般的であり年齢の高い未経験者の採用は難しいかもしれません。

 

職場における縁の下の力持ちが事務職です。事務職には経理や総務や法務などが含まれます。さらに詳しく分類すると会計事務、営業事務、文書事務、庶務事務、医療事務、貿易事務、受付、コールセンタースタッフ、OAオペレーターなどの事務職がありますし、具体的な業務内容については文書作成、文書管理、ファイリング、会計処理、伝票処理、給与計算、電話対応、接客、その他雑用などと様々です。また事務職の場合には特定の部署や業務に特化した専門的な仕事が要求される場合などもあります。

 

事務職では正確で素早いルーティーンワークの処理と、職務を臨機応変にこなすことができるスキルが必要になります。PC関連については最低限度のスキルとしてエクセル、ワード、パワーポイントなどの作業ができる能力が求められますし、会計については簿記の知識が欠かせません。また接客のマナーなどを含めたコミュニケーション能力も重視されることになります。

 

事務職では様々なスキルや経験が要求されますので転職については慎重に考えることが必要です。営業職の経験がある人の場合には営業職で身につけたスキルやノウハウを活かすことを検討してみてください。実際の転職では様々な職種の中から自分に適した仕事を選ぶことが重要になります。仕事探しには転職サイトや転職エージェントや派遣会社などを有効に活用しましょう。自分のこれまでの経験を活かせるような仕事に転職することができれば自分らしい働き方ができるはずです。

テンプスタッフ


このページの先頭へ戻る