子育て女性は短時間勤務制度(時短)を活用してみましょう

小さな子供がいるという女性の場合には時短を有効に活用してみてください。子供が小さかったりすると出産後に職場に復帰しても保育園の送り迎えなどがあるため、以前と同じようにフルタイムで働くことは難しい場合なども多いようです。そんな子育て主婦の人には時短で働くことを検討してみましょう。フルタイムよりも短い時間で働く制度が「短時間勤務制度」であり、略して時短と呼ばれています。一般的な労働条件が8時間勤務である場合などに時短であれば6時間勤務で働くこともできるのです。

 

時短については法律に基づく場合と企業が独自に設定している場合とがあります。法律に基づく場合には1日6時間の短時間勤務を子供が3歳になるまで続けることができます。基本的な条件を満たしていれば誰でも利用することが可能です。正社員の場合にはもちろんなのですが、所定労働時間が実質6時間以上で所定労働日が週3日以上であればパートなどの時間給契約でも制度の対象になります。

 

労働時間が短縮された分に関しては法律などによる保障はありません。能力給であれば減給されないということもありますし、また時間給の場合には労働時間が減った分だけ収入は減ることになります。社会保険料などについては実際の収入に応じて徴収されることになりますが、法律に基づいた時短を利用する場合には場合には将来の年金受給額が減額されないような特別措置を活用することもできます。

 

時短の問題点としては、制度が始まったばかりの頃は時短で働く人には重要な仕事は任せず単純作業や雑用ばかりを押し付ける企業なども一部にはあったようです。また時短で働く人以外の仕事量が増えて負担が増加してしまうといった問題などもあったようですが、最近は時短を活用する人が増えたことから状況は改善されつつあるようです。時短を活用する人が役員に昇進したという事例もありますし、時短で働くと不利になるということは少なくなっています。

 

転職を希望する企業が時短を導入しているかどうかについて調べるためには転職サイトが役立つでしょう。また時短が導入されている企業でどのぐらいの人が実際に時短を利用したのかなどについても調べることができます。また転職エージェントなどを活用すればさらに突っ込んだ企業の内部事情などを聞いてみることもできますので、時短で働くことを希望する人は転職サイトや転職エージェントなどを上手に利用して働きやすい職場を探してみてください。

テンプスタッフ


このページの先頭へ戻る